どら焼き

どら焼きお取り寄せ!京都和菓子有名店の人気どら焼き

どら焼き

昭和33年創業。京都市二条にある「京菓子司よし廣」です。

「本当に美味しいどら焼きを食べてもらいたい!」そんな想いで、徹底的に材料や焼き方、道具にこだわったどら焼きを作っています。

京都「大原実光院」のお茶菓子として

<画像:chakatsuサイトより>

私ども「京菓子司よし廣」の簡単な紹介をさせて頂きます。代表的なお菓子として「八ツ橋饅頭」があります。

この八ツ橋饅頭は、京都市にある「大原実光院」の客殿で、社寺仏閣と自然が調和した美しい景観を楽しみながら頂く、お抹茶の味を引き立てるお茶菓子として、多くの拝観者に喜んで頂いています。

こんな口コミを頂いていますので、少しご紹介させてください↓

実光院の景観を楽しむお抹茶の時間になって本当に嬉しいです。

そして、こんなお声まで頂きました↓


ここまで愛して頂けて、もう感謝しかありません。

ありがとうございます。

 

どら焼き、和菓子大好き!お客さまの口コミ評判

そして、今度は私どもがこだわって作る「どら焼き」のご紹介です。

よし廣の「どら焼き」に対して、こんな口コミや評判をいただいておりますので、少しご紹介させてください↓

嬉しいお言葉ありがとうございます。これからも、美味しいどら焼き作りに精進します。

 

「京菓子司よし廣」のどら焼きは
▶︎▶︎▶︎どら焼きお取り寄せで、購入頂けます。

 

どら焼き人気ランキング:年間ベスト6(京菓子司よし廣)

ではここで、こんなにも多くのお客さまに愛して頂いている、私ども京菓子司よし廣の「どら焼き人気ランキングのベスト6」を発表させて頂きます。

※年間ランキングのため、季節もの商品のどら焼きも含まれます。その時期により販売していない場合もありますので、ご了承ください。

1位:特選どら焼き(人気どら焼き5種セット)

  1. 抹茶クリームどら焼き
  2. 生八ッ橋入どら焼き
  3. 栗どら焼き
  4. もちもちどら焼き
  5. 夏どら焼き(季節商品)

「いろんなどら焼きを食べてみたい!」という方に最適な人気のどら焼きセット!

ご購入はこちら▶︎▶︎▶︎特選どら焼き

2位:モンブランどら焼き

  • 【和栗あん】国産和栗100%使用の濃厚栗あん
  • 【クリーム】洋酒を加えたミルク風味のなめらかなクリーム
  • 【生地】手焼きで焼いたふわふわ・もちもちの皮

これらを優しく包み込んだ「モンブランどら焼き」が、堂々の人気1位のどら焼きです。※季節商品のため「秋」のみの販売。

 

ご購入はこちら▶︎▶︎▶︎モンブランどら焼き

3位:抹茶クリームどら焼き

  • 【小豆】抹茶に合う北海道産の小豆であん作り
  • 【抹茶】薫り高い京都宇治抹茶で濃厚な抹茶クリーム
  • 【生地】抹茶クリームに合う手焼きのもちもち皮

濃厚な抹茶をどら焼きという形で楽しめる「抹茶クリームどら焼き」が、人気2位のどら焼きです。

 

ご購入はこちら▶︎▶︎▶︎抹茶クリームどら焼き

 

4位:生八ッ橋入どら焼き

  • 【小豆】八ツ橋に合う北海道産の小豆であん作り
  • 【八ツ橋】ニッキの風味が口に広がる八ツ橋
  • 【生地】手焼きのもっちりした皮

生八つ橋をどら焼きにの皮で包み込んだ京都でも珍しい「生八ッ橋入どら焼き」が、人気3位のどら焼きです。

 

ご購入はこちら▶︎▶︎▶︎生八ッ橋入どら焼き

 

5位:栗どら焼き

  • 【小豆】栗に合う北海道産の小豆であん作り
  • 【栗】国産の食べ応えのある大粒の栗
  • 【生地】手焼きのもっちりした皮

包み込まれた秋の味。大粒の栗を楽しめる「栗どら焼き」が、人気4位のどら焼きです。

 

ご購入はこちら▶︎▶︎▶︎栗どら焼き

6位:もちもちどら焼き

  • 【小豆】シンプルな北海道産の小豆であん作り
  • 【生地】手焼きのふわふわでもっちりした皮

シンプルなTheどら焼きが楽しめる「もちもちどら焼き」が、人気5位のどら焼きです。

 

ご購入はこちら▶︎▶︎▶︎もちもちどら焼き

 

 

以上が、「京菓子司よし廣」の人気どら焼きランキング、ベスト6でした。

ということで、このページでは、私どもがこだわって作っている「どら焼き」のことをもっと知って頂きたいので、どら焼きについての歴史や背景、雑学など含めご紹介させていただきます。

食べる楽しみだけではなく、知識としてのどら焼きもお楽しみください!

和菓子「どら焼き」の起源って知ってる?

老若男女から愛される和菓子・どら焼きですが、その起源がとても古いことはご存知ですか?

平安時代まで遡ったどら焼きの逸話があり、800年ほど前には既にどら焼きの原型となる和菓子が存在していたと言われています。

それでは、どら焼きの由来と歴史を紐解きながら、現代までにどら焼きがどのように姿を変えてきたのか見てみましょう。

「どら焼き」の由来と歴史

どら焼きの由来は、楽器の「銅鑼(どら)」に関連していると言われています。

どら焼きが銅鑼のような丸い円盤型をしているため銅鑼をイメージして作られたという説や、銅鑼を使ってどら焼きの生地を作っていたという説がささやかれています。

どら焼きの発祥地や発祥時期は正確に分かっていませんが、義経と弁慶がケガの治療を施してくれた人々にお礼の品としてどら焼きを振る舞ったという古い逸話があることから、平安時代には既にどら焼きの原型となるお菓子が存在していたとされています。

当時はまだ甘味料として砂糖が普及しておらず、多量のハチミツが使用されていました。

そのため、現代において馴染みのあるどら焼きとは味付けが少々異なっているという特徴があります。

また、江戸時代のどら焼きは現在のような厚みのある生地ではなく、薄い生地を使用して四角く包んだ「きんつば」に近い形であったとされており、明治時代に丸い形状のどら焼きが誕生しました。

鎖国が終わった文明開化の明治時代に西洋からさまざまなお菓子が伝えられ、現代のどら焼き生地のヒントとなったホットケーキもこの時代に流通し始めたとされています。

そして、大正時代にようやく現代のような厚みのあるカステラ生地を使ったどら焼きが登場しました。
長い歴史を経て現代の姿へと形を変えてきたどら焼きですが、時代背景に影響を受けてきたことが垣間見えます。

 

どら焼きの日って知ってる?

4月4日がどら焼きの日ということはご存知でしょうか?

どら焼きの日は「一般社団法人 日本記念日協会」から認定された正式な記念日です。

「一般社団法人 日本記念日協会」では、商品等の記念日を認定することで、その商品の広報活動を行うことを目的としています。

4月4日は、より多くの人々にどら焼きを意識・購入してもらうことを想定しており、市場におけるどら焼きの需要を高めるという役割を担っています。

どら焼きの日は、なぜ4月4日なの?

どら焼きの日が4月4日に制定されている理由は、4と4を合わせた「4合わせ(しあわせ)」が由来とされており、多くの人々にどら焼きを食べて幸せを感じてほしいという願いが込められています。

また、4月4日は桃の節句である3月3日と端午の節句・5月5日に挟まれた日付けでもあることから、カステラ生地に餡子(あんこ)が挟まれるどら焼きをイメージしているとされています。

 

どら焼きのカロリーはやっぱり高い?

和菓子の定番として知られるどら焼きですが、購入されるお客さまは女性が多いため、気になるカロリーについても少し触れておきましょう。

日本にある平均的などら焼き1個のサイズは70グラム前後となっており、カロリーは200キロカロリー程度とされています。

少し大きめサイズの場合は100グラムほどで、カロリー換算すると284キロカロリーです。

ご飯茶碗1杯分のカロリーよりもやや多い程度のカロリーとなっており、シュークリーム100グラム当たりのカロリーは約334キロカロリー、ポテトチップス100グラム当たりのカロリーが約540キロカロリーであることを踏まえると、どら焼きはお菓子の中でも比較的低カロリーであることが窺えます。

どら焼きのカロリーと栄養素、糖質も紹介

通常サイズ1個のカロリーが約200キロカロリー、少し大きめの100グラムで約284キロカロリーとなっているどら焼きですが、通常サイズ1個当たりの主要な各栄養素に関しては以下のようになっています。

  • たんぱく質…4.6グラム
  • 脂質…1.7グラム
  • 炭水化物…41グラム
  • コレステロール…23グラム
  • ナトリウム…98ミリグラム
  • カリウム…84ミリグラム
  • カルシウム…16ミリグラム
  • マグネシウム…10ミリグラム

ダイエットの際に気になる糖質ですが、糖質は炭水化物の中に含まれています。

炭水化物は大きく分けて糖質と食物繊維から構成されており、どら焼き1個当たりの糖質量は約39グラムです。

科学的根拠に基づいて、「おいしく、楽しく食べて、健康に」を現実化していく協会「食・楽・健康協会」が推奨する1日の適正糖質量は70~130グラムで、適正量を大幅に超えると血糖値が上がり、結果として体の脂肪量が多くなってしまうというメカニズムになっています。

ただ、ダイエット中や食事制限をしている際にもある程度の糖質を摂取することが推奨されており、完全に糖質を除去する食生活は健康に害を及ぼす恐れがあります。

どら焼き1個の糖質量が約39グラムであることを踏まえると、他の食事の糖質量を調整することで、1日の適正糖質摂取量の範囲内でどら焼きを楽しむことが可能となっています。

 

ギフト:どら焼きお取り寄せ通販

インターネットが普及している現在において、どら焼きも通販のお取り寄せで購入することが可能です。

自分へのご褒美にはもちろん、お母様から娘さんへの「みんなで食べるから買っといて〜」というご依頼、お祝い事での贈り物や手土産として利用されることも多く、自宅からでもスマホやパソコンから手軽に本格的などら焼きを購入できる仕組みになっています。

なぜ、どら焼きは贈り物(ご進物)に最適なの?

どら焼きが贈り物に最適とされる理由は、どら焼きの間に挟んでいる小豆にあります。

赤い色の小豆は、日本において厄除けの効果がある縁起の良い食物とされており、お祝い事には赤飯を炊くという文化が現代でも受け継がれています。

そのため、縁起の良い色である小豆を具材として敷き詰めたどら焼きも同様に縁起の良いお菓子とされており、贈り物に最適なお菓子として認識されています。

結婚挨拶の手土産おすすめ

結婚挨拶の手土産にも、実は縁起物や避けるべき物があることをご存知でしょうか?

羊羹やパウンドケーキといったお菓子はナイフで切り分ける必要があるため、「結婚する2人を切り離す」、「両家の関係を切る」といった縁起の悪いイメージを与えてしまう手土産です。

一方で、どら焼きは2つのカステラ生地が合わさって作られるお菓子であることから、「両家の絆」や「夫婦の結びつき」を連想させる縁起物の手土産として認知されています。

どら焼きは母の日にもおすすめ

母の日のプレゼントといえば「カーネーション」が思い浮かびますが、どら焼きもプレゼントとして大変喜ばれているのです。
こちらの口コミをご覧ください↓

母の日に、「カーネーション」+「どら焼き」というセットでプレゼントされている方も多いようです。

 

どら焼きお取り寄せの日持ちや保存方法について

贈答品などご進物で、どら焼きを購入する時に気になるのが、日持ちや保存方法です。

どら焼きの日持ち

よし廣で販売している「モンブランどら焼き、抹茶クリームどら焼き、夏どら焼き」などクリームを使っている物に関しては、発送日含めて4日間の日持ちです。

春〜秋にかけての時期は、冷蔵保存できるクール便発送を行います。

どら焼きの日持ちは、材料の都合や販売者の意図

日持ちに関しては、材料の都合や販売者の意図で行います。

例えば、たい焼き屋さんみたいに、熱々の焼きたてをお客さまに食べて頂きたいのであれば、今日・明日という短い日持ちにします。

一方、贈答品などご進物で、ある程度の賞味期限が必要な場合は、7日間〜10日間など日持ちのするようなレシピを作ります。

ということで、材料の都合と販売者の意図によって大きく変わります。

どら焼きの保存方法

どら焼きの保存方法は、常温、もしくは要冷蔵です。

通常のどら焼きは常温保存ですが、クリームを使っているどら焼きについては要冷蔵となります。

 

どら焼きお取り寄せなら京都の和菓子人気店で!

さまざまな和菓子店が軒を連ねる京都ですが、どら焼きにこだわっている和菓子店なら、弊社「京菓子司よし廣」をお勧めいたします。

「京菓子司よし廣」では、通常の粒あんを使用したどら焼きのほか、モンブランどら焼き、柿どら焼き、もっちりマロンどら焼き、抹茶クリーム、生八ツ橋入りどら焼き、小倉クリームどら焼きといったバリエーション豊富などら焼きを取り揃えています。

各どら焼きの中身に合わせて異なる製法の生地を使用しているため、相性抜群のどら焼きを堪能することが可能です。

また、いちごカスタードどら焼き、桜クリームどら焼き、月見どら焼き、抹茶ムースどら焼きをはじめとする季節の旬に合わせたどら焼きも取り扱っており、贈る相手の好みやシチュエーションに合わせたどら焼きを見つけられるという特徴があります。

お祝い事にぴったりな「オリジナルどら焼き」はどら焼きに焼き印でメッセージを記入することができるため、オリジナリティ溢れる贈り物をカスタマイズしたいという方にもぴったりです。

 

「京菓子司よし廣」のどら焼きは
▶︎▶︎▶︎どら焼きお取り寄せで、購入頂けます。

 

京都でおすすめの美味しいどら焼き「京菓子司よし廣」

私ども「京菓子司よし廣」は、昭和33年創業の老舗和菓子店です。

昭和48年には第18回全国菓子大博覧会にて「八ツ橋饅頭」が金賞を受賞。

京都「魚山大原寺 実光院」で、抹茶の味を引き立てるお茶菓子として、多くの観光客の方々に楽しんで頂いています。

昭和59年の第20回全国菓子大博覧会では「桃栗三年柿八年」が名誉大賞を受賞。

そして平成20年5月には全国菓子大博覧会にて「京香」で外務大臣賞を受賞した和菓子店として認知されています。

「京菓子司よし廣」は、良質な和菓子を製作するための手間と時間を惜しまないことはもちろん、衛生管理や品質の安全性にも配慮しています。

季節に合わせた美しい京菓子のほか、バリエーション豊富などら焼き、八ツ橋饅頭、栗入りの焼き菓子、抹茶風味のスイートポテト、カステラとあんこが合わさったお菓子など、和菓子だけでなく洋菓子とのコラボレーション商品も多く販売していることが特徴です。

 

また、京菓子の手作りキットやリモートでの手作り体験などを提供し、京菓子の魅力を広く一般に啓発する教育的活動にも力を入れた和菓子店として知られています。

どら焼きの皮とあんこ(小豆)の秘密

「京菓子司よし廣」のどら焼き生地は、2年間の研究を経て編み出したどら焼きです。

味の質とオリジナリティを追求するために手焼きにこだわり、すり混ぜ方法と呼ばれる製法を「京菓子司よし廣」風に改良したことにより、ふんわりとした柔らかさと弾力を両立させた生地を生み出すことに成功しました。

すり混ぜ方法は生地を混ぜ合わせて練る際に出てくる気泡を上手く活用した製法で、手焼きだからこそ実現できる特殊な調理法です。

また、生地を焼く際の銅板にもこだわっており、20年間愛用している厚さ1センチの分厚い銅板は、並べたどら焼き全てに均一の熱量を伝えることが可能となっています。

さまざまな工夫を凝らしているよし廣のどら焼き生地ですが、中に挟む具材に合わせて4種類の異なる生地を作り分けているのも特徴です。

焼き上げタイプ、洋風タイプ、蒸し上げタイプ、もちもち食感タイプの4種類があり、それぞれの具材との相性を考え抜いたこだわりの生地が使用されているのです。

 

また、「京菓子司よし廣」では定番の粒あん(小豆)のほか、宇治抹茶、クリーム、栗、生八つ橋など、さまざまな食材とのコラボレーションを織りなすどら焼きを製作・販売しています。

各食材との相性が良く、あんこと食材がお互いの良さを引き立て合うように工夫が凝らされています。

伝統を守りつつ新しいものも取り入れていく柔軟な考え方により、「京菓子司よし廣」のどら焼きはより魅力的なものとなっています。

 

「京菓子司よし廣」のどら焼きは
▶︎▶︎▶︎どら焼きお取り寄せで、購入頂けます。

タイトルとURLをコピーしました