どら焼き メディア掲載

J:COMテレビ「和菓子で季節を伝えるシリーズ」に出演

どら焼き

J:COMテレビ「和菓子で季節を伝えるシリーズ」に出演しました

「よし廣」が、2021/06/21テレビ放送のJ:COMチャンネル京都「京都つながるNews」の和菓子で季節を伝えるシリーズに出演させて頂きました。

この放送では、よし廣の人気どら焼き「抹茶クリームどら焼き」をご紹介させて頂いています。

司会者の堀江さんもTwitterでご紹介してくださっています↓

和菓子で季節を伝えるシリーズ(動画放送版)

こちらが、J:COMチャンネル京都「京都つながるNews」の和菓子で季節を伝えるシリーズ放送された動画です。

【2021/06/21放送】『京菓子司よし廣』から季節の和菓子をご紹介【京都つながるNews】

6分14秒の放送で、「抹茶クリームどら焼き」をご紹介させて頂きました。

和菓子で季節を伝えるシリーズ(テキスト版)

テレビで紹介された内容を読みやすいように、テキストにしてご紹介させて頂きます。以下、テレビ放送の内容です。ぜひ、ご覧くださいませ。

【司会(J:COM堀江さん)】:買い物グルメです。京都の和菓子職人さんとズームで繋ぎまして和菓子で季節を伝えていただくシリーズです。

京都や北大阪エリアのつながるニュースでおなじみのコーナーなんですが、緊急事態宣言が出されましてね。なかなかご紹介するタイミングを逸しておりました。

あれよあれよと言っている間に、6/21の今日は夏至でございますね。日の出から日の入りまでの時間が一番長い日ということで、この日を境にだんだん日は短くなっていくんですが「夏に至る」と書きまして、本格的な夏が到来ということです。

その一方で、梅雨の鬱陶しさというのも絡んでいるそんな時期。爽やかに過ごしてもらおうという甘くて美味しいお菓子でございます。

今日は京都市中京区にあります「京菓子司よし廣」の水内さんにご案内いただきます。「よし廣」さんは、京都市中京区西ノ京栂尾町にある二条駅前にお店がございますが、ずっとこの場所で商売されてたということなんですか?

【水内】:はい、そうですね。1958年に創造して以来、この二条の街で京菓子作りをさせて頂いています。

【司会(J:COM堀江さん)】:街の移り変わりというのを見ながらお店もずっと進んで来られたと思うんですけれども、水内さんが今、よし廣の二代目ということになるんですかね?

【水内】:そうですね。あの私の父親が1986年(昭和33年)に創業して、私二代目をやらせて頂いてます。京都にお越しになられた方にお土産として、京都のお菓子を持て帰って頂きたいという事で始めさせて頂きました。

私自身が継いでお店に入ってからは、京都の地元の方にも和菓子をお召し上がりになって頂きたいと思い、生菓子など瑞々しいお菓子の方を担当させて頂いております。

【司会(J:COM堀江さん)】:そんな中でも特に力を入れていらっしゃるって言うのは、どんな商品でしょうか?

【水内】:私が一から開発して作ってきた「どら焼き」です。春夏秋冬で美味しいものがたくさんあります。どら焼きの中身の栗や抹茶や小豆など、季節ごとに味わいも変わってきます。「よし廣」のどら焼きは年間25種類くらいあり、季節ごとに変えた商品ラインナップを準備しております。

【司会(J:COM堀江さん)】:季節を表す二十四節気を上回るサイクルで商品があるという事ですね。

水内:和洋折衷になってきて、いろんな味付けのどら焼きも求められているかな?というところもありまして。どら焼きを作る方も楽しいので、いろんな種類を作らせて頂いております。

【司会(J:COM堀江さん)】:そんな中で、今この時期にという商品は、ズバリどんなものが挙げられるんでしょうか?

【水内】:6月といえば新茶の季節ということで、お抹茶を使った「抹茶クリームどら焼き」を販売させて頂いています。どら焼きの中に粒あんで、香り高いお抹茶をクリームにして、皮で挟んでいます。

やっぱり京都ですから、地元のお抹茶も使いたいですので、宇治抹茶を使った「抹茶クリームどら焼き」です。

粒あんを挟んだどら焼きの皮と、クリームを挟んだどら焼きの皮。似たようなどら焼きの皮ですが、食感が合う合わないというのが、私の中ではあると思いますので、どら焼きの中の挟むものによって、どら焼きの皮の食感を変えさせて頂いております。

【司会(J:COM堀江さん)】:全国いろんなお店が様々な種類のどら焼きを販売されている中、よし廣さんのどら焼きは「手焼き」というのを謳っていらっしゃいます。水内さんの想いというのは、どんなところにあったりするのでしょうか?

【水内】:練り方一つ、焼く時の火加減一つで、同じレシピでも食感も味も変わってくるという面白さがありますので、難しい反面、味を追求していくにあたって、美味しさというのも同時に味わっていけます。

最初は、難しいですけれども、いつも美味しいどら焼きを焼こうと思って日々精進しております。お店でもインターネットのホームページでもお買い求め頂けるようになっております。

【司会(J:COM堀江さん)】:旬の風味、味わいというのをどら焼きでお楽しみ頂きたいですよね。

【水内】:そうですね。ぜひ味わって頂ければ、私も嬉しく思います。

【司会(J:COM堀江さん)】:手焼きの生地がプク〜っと膨らむ映像そそられますよね。インターネットでもお取り寄せできるというのは、このご時世ありがたいものでございます。

ご覧いただいた「抹茶クリームどら焼き」は今月末までのお取扱いということなんですが、水内さん年間25種類のラインアップがあるとおっしゃってましたんでね。

美味しいどら焼きで、その時期のその季節というのを味わって頂きたいと思います。今日は、京都市中京区にあります「よし廣」の水内さんに抹茶クリームどら焼きをご紹介いただきました。

最後に

今回ご紹介させて頂いた「抹茶クリームどら焼き」はこんな口コミを頂いております↓

このような口コミ、とてもありがたいです。

どら焼き人気商品は、こちらどら焼きお取り寄せ!京都和菓子有名店の人気どら焼きを参照くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました